家庭医療学開発センター「公開ポートフォリオ発表会」報告

医療福祉生協連家庭医療学開発センター「2014年 公開ポートフォリオ発表会・修了式」報告
~医師・看護師・職員など110名が参加~

 医療福祉生協連家庭医療学開発センター(略称:CFMD、東京都新宿区、藤沼康樹センター長)は、2014年3月31日、コーププラザ(東京都渋谷区)にて「2014年 公開ポートフォリオ発表会・修了式」を開催しました。この会は「在宅フェロー(在宅医療の専門医養成)」「ウィメンズヘルスフェロー」「レジデンシー・東京(家庭医後期研修)」各プログラムの修了生たちによるポートフォリオ発表会です。これらの内容は、CFMDにおけるポートフォリオの集大成であり、ポートフォリオ作成並びにポートフォリオ基盤型学習に大変役立つ内容の発表です。
※研修者の学習成果や省察の記録、メンター(指導者)の指導と評価の記録などをファイルに蓄積・整理したもの。
 発表会には、医療福祉生協の病院・診療所、大学病院・医療機関の医師・看護師・職員(含む講師・委員・事務局)110名が参加しました。
 在宅フェローとウイメンズヘルスフェロー修了生2名とレジデンシ―の修了生2名がポートフォリオを発表。また、研修中の6名の研修生のポスターセッションもありました。参加者たちは、ポートフォリオの発表にメモをとりながら耳を傾け、熱心に質問していました。それぞれの修了証の授与式において、4名の修了生が「振り返り」を行い、家庭医療学開発センターの藤沼 康樹センター長から修了証と記念の盾が贈られました。

▲開会挨拶:西村副センター長

▲開会挨拶:西村副センター長

▲研修プログラム説明:平原医師

▲研修プログラム説明:平原医師

<ポートフォリオ発表会と修了式の概要>
<午前の部>
◇司会・研修プログラム説明:平原医師(東京ふれあい医療生協・梶原診療所)
◇在宅フェロー(在宅医療の専門医養成)とウイメンズフェロー(女性外来の専門医養成)の発表
○在宅フェロー:井口医師 東京ふれあい医療生協・梶原診療所
(1)東京での終末期救急運用の現状
(2)息子の介護問題~男はつらいよ~
(3)日本人の終末期の意思決定
(4)多様な神経難病患者との関わり
○ウイメンズフェロー:長尾医師 東京西部医療生協・上井草診療所
(1)思春期問題(産婦人科病院)
(2)産婦人科研修(川﨑協同病院)
(3)更年期障害(ライフステージに着目した介入・治療の併用)
(4)月経トラブル
(5)女性外来の取組み(2013年10月に開設)

▲発表する井口医師

▲発表する井口医師

▲発表を聞く参加者の様子

▲発表を聞く参加者の様子

▲参加者たちの様子

▲参加者たちの様子

▲発表する長尾医師

▲発表する長尾医師

▲修了証の授与:井口医師 

▲修了証の授与:井口医師

▲修了証の授与:長尾医師

▲修了証の授与:長尾医師

<午後の部>
◇レジデント発表会:2014クラス修了生(2名)
■開会挨拶:藤沼 康樹家庭医療学開発センター長
■ポートフォリオ発表と3年間振返りのプレゼンテーションと修了証授与
○濱田医師 川﨑医療生協 久地診療所
(1)教育~自分の指示書を書くために~終末期をともに考える~
(2)チーム医療~引きこもる患者を抱え込む介護者~
(3)地域指向性ケア~認知症の終末期と経官栄養~
(4)生物社会心理学モデル~complex caseを通して~
(5)高齢者ケア~認知症の親を支える子供達~
(6)予防医学/Health Promotion~慢性疾患の知識提供 関心をよぶ工夫とともに
(7)終末期~『老衰』から学んだこと
○重島医師 東京ほくと医療生協・浮間診療所
(1)当院におけるACSCs(Ambulatory care sensitive conditions=緊急時不要入院を回避する)
(2)家族志向性ケア
(3)Biopsychosocial model―Irritable Bowel Syndrome(IBS器質異常のない大小腸の異常症)
(4)地域志向性ケア(外国人にとってのワクチンの事例)
(5)ケアの継続性
(6)Medical Home―見えなくてもつながっている―

▲説明中の濱田医師

▲説明中の濱田医師

▲説明中の重島医師

▲説明中の重島医師

▲指導医師・関係者たちと記念撮影

▲指導医師・関係者たちと記念撮影

(2) Showcase portfolio poster round.Class of 2015(2名)のポスターセッション
①田中医師(北足立診療所)
②天野医師(生協久地診療所) 
(3) Showcase portfolio poster round.Class of 2016(4名)のポスターセッション
①上野医師(生協浮間診療所)
②野村医師(生協浮間診療所)
③吉田医師(北足立診療所)
④勝又医師(あさお診療所)

▲ポスターセッションの様子

▲ポスターセッションの様子

<問い合わせ先>
医療福祉生協連家庭医療学開発センター(担当:古舘・出野) 電話:03-4334-1580
医療福祉生協連家医療学開発センターのホームページ