「原発のない福島を!県民大集会」報告

「原発のない福島を!県民大集会」の報告

 「原発のない福島を!県民大集会実行委員会(五十嵐史郎実行委員長)が呼びかけた、「2014年原発のない福島を!県民大集会」が、3月8日、福島県郡山市をメイン会場に、福島県教育会館(福島市)、いわき市文化センター(いわき市)の3会場で開催され、全国から計約5,300人が参加しました。医療福祉生協連は全国の医療福祉生協に集会参加と賛同金への協力を呼びかけました。
 メイン会場では、五十嵐史郎実行委員長が「放射能汚染水の漏れがますます深刻になり、県民の苦しみや不安は一向に改善されていない。脱原発の思いはより強固に揺るぎないものになってきている」と挨拶しました。作家・大江健三郎さんは「あれだけの事故を起こしたのに『原発を再稼働しても恐ろしいことは起こらない』という政府の宣伝は、戦時中に『戦争で悲惨なことにはならない』とだましたことと同じではないでしょうか。次にだまされてしまえば私たちの未来はありません。人間は原発と共存できないということを経験として知っているのが福島の人たちです」と訴えました。

▲連帯の挨拶:大江健三郎さん

▲連帯の挨拶:大江健三郎さん

▲郡山会場の様子

▲郡山会場の様子

<お問い合わせ先>
□原発のない福島を!県民大集会実行委員会(福島県平和フォーラム内)
     電話:024-522-6101 Fax:024-522-5580
■医療福祉生協連 会員支援部(担当:黒田) 電話:03-4334-1583