医療福祉生協連「第10回健康づくり学会」報告

医療福祉生協連「2014第10回健康づくり学会」報告
~各地の医療福祉生協から470名が参加~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、3月 7日~8日、神戸ポートピアホテル(兵庫県神戸市)にて「第10回健康づくり学会」(学会長:冨澤洪基・尼崎医療生協歯科医師)を「健康づくりの成果を持ち寄り、学び確かめ合って、明日への一歩につなげよう!~地域まるごと、健康づくり」をテーマに開催しました。
 学会には、北は青森県から南は沖縄県まで70医療福祉生協から470名に参加いただきました。記念講演、分科会、交流会、講演のひろばなどと並行して開設した「世界禁煙デーポスターコンクール」「分科会発表演題ポスター展示」「各生協キャラクター紹介」「被災地支援物産店」などのコーナーも好評でした。

▲会場の様子

▲会場の様子

▲記念講演:ジュスタシオ・モレノ・ラピタン氏

▲記念講演:ジュスタシオ・モレノ・ラピタン氏

<第10回健康づくり学会開催 概要>
◇主催・企画:第10回健康づくり学会実行委員会(学会長:冨澤洪基 尼崎医療生協歯科医師)
◇プログラム:記念講演、分科会、交流会、早朝ウォーキング・体操、講演のひろばなど。
【第1日目:記念講演・分科会・夕食交流会 】
■オープニング企画 記念講演:「WHO 国際保健と健康な高齢化」
WHO神戸センター ジュスタシオ・モレノ・ラピン テクニカル・オフィサー
■分科会:9つのテーマ別分科会:44生協から135演題の報告
分科会A:「さまざまな運動の効果」
分科会B:「子どもと若者の健康、連携したとりくみ」
分科会C:「食の安全と減塩の食生活、健診のとりくみ」
分科会D:「健康チャレンジにチャレンジ」
分科会E:「健康づくりでつながりづくり」
分科会F:「認知症予防で明るいくらし」
分科会G:「健康チェックのとりくみ、保健委員の活躍」
分科会H:「健康サークル」
分科会I:「お口の健康、被災地の健康、心の健康」
■夕食交流会

▲分科会:お口の健康

▲分科会:お口の健康

▲分科会:健康サークル

▲分科会:健康サークル

▲分科会:健康チェック

▲分科会:健康チェック

【第2日目 3月 8日(土):早朝ウォーキング、体操、講演ひろば 】
■早朝ウォーキング・モーニング体操
■講演のひろば(3つの講演)
(1) 「食べること 生きること」:ふれあい歯科ごとう 五島 朋幸代表・歯科医師
(2) 「ロコモティブシンドロームを防ぐウォーキングプログラム」:ダイナミックスポーツ
医学研究所 土井 龍雄副所長
(3) 「こころの健康を保つとっておきの秘訣」:鳥取大学大学院 竹田 伸也講師・医学博士
■平行展示:「世界禁煙デーポスターコンクール」「分科会発表演題ポスター展示」 
「各生協キャラクター紹介」「被災地支援物産店」

▲早朝ウォーキング:ストレッチの様子

▲早朝ウォーキング:ストレッチの様子

▲講演のひろば:食べること生きること

▲講演のひろば:食べること生きること

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 (担当:高村・渡邊・黒田) 電話:03-4334-1580