医療福祉生協「認知症ケアマネジメント 研修会 」報告

医療福祉生協「2013年度 認知症ケアマネジメント 研修会」報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区)は、2014年2月21日・22日の両日、大阪市内にて標記の研修会を21生協34名(介護福祉委員・事務局5名を含む)の参加で開催しました。
 この研修会の中では、昨年に引き続き実施した「認知症者の生活支援実態調査」の経年の結果から見えてきた課題を報告するとともに、3人の講師による講演、医療福祉生協のケアマネジャーの役割と課題の提起、医療介護情勢などについて学び、グループ討論を通じて、他の医療福祉生協のケアマネジャーとの意見交流を行いました。

<認知症ケアマネジメント研修会 開催概要>
【第一日目:2月21日(金) 13時~18時】
◇報告:「認知症者の生活支援実態調査2012年、2013年の経年調査日結果報告」
日本福祉大学健康研究センター 伊藤 美千予主任研究員
※要旨:調査結果に加え、ケアマネジメントにおけるケアの質評価指標の開発の試みについて報告。
◇「医療福祉生協のケアマネジャーの役割と課題~自己決定を尊重することが自立支援の第一歩~」
医療福祉生協連 杉岡 眞由美介護福祉委員 (姫路医療生協)
※要旨:「自己決定」を支援するアセスメントシート開発の試みなど。
◇「一歩進んだ認知症ケアをめざして」 メドック健康クリニック 阿部 祐士医師
※要旨:一歩進んだケアをめざすためには、「その人」を知るだけでなく、「病気」を知ることが重要。
◇「専門家チームによる『成年後見』『よろず生活相談』のとりくみ」
人権利擁護センターれんけい 河村 健夫弁護士・河村 摩実絵社会福祉士
※要旨:成年後見制度のしくみと活用について
【第二日目:2月22日(土) 9時~12時】
◇報告:「医療介護情勢と医療生協」 富山医療生協大野 孝明理事長
◇報告:「報酬改定最新情報」 医療福祉生協連 藤井 啓子
◇グループディスカッション:一部・二部に分けてのディスカッションと意見交流
◇研修会のまとめ:医療福祉生協連 齊藤 惠子介護福祉委員長

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部(担当:藤井)  電話:03-4334-1580