山田洋次監督映画「小さいおうち」全国共通鑑賞券のご案内

医療福祉生協は山田洋次監督映画「小さいおうち」を応援します
~2014年1月25日ロードショー 全国共通鑑賞券を取扱い中~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、藤原高明会長理事)は、組合員・職員の文化活動の一環として、映画や演劇の上映・上演活動に取り組んでまいりました。昨年は、山田洋次監督50周年記念作品「東京家族」の「医療福祉生協特別鑑賞券」の普及(2万枚)に取り組み、多くの組合員、役職員に大変好評をいただきました。今年度も、松竹株式会社の協力で、2014年1月25日全国ロードショー予定の山田洋次監督作品「小さいおうち」の全国共通鑑賞券(1,000円)を取り扱うことになりました。すでに、各地の医療福祉生協の班や支部、職場の新年の文化活動として、とりくみを進めていただいています。
ご希望の方は、ご加入の医療福祉生協か、お近くの医療福祉生協にお問い合わせください。
 医療福祉生協連では、宣伝のための資材として「ちらし(B5版)」と「ポスター(B2版)」を用意し、全国共通鑑賞券の普及活動を支援しています。
 また、このたび山田洋次監督から「全国の医療福祉生協の皆さんへ」とのメッセージをいただきましたのでご覧ください
「山田洋次監督からのメッセージ」(PDF 684 KB)

Ⓒ2014「小さいおうち」製作委員会

Ⓒ2014「小さいおうち」製作委員会

<山田洋次 監督作品 映画「小さいおうち」全国共通鑑賞券の取扱い概要>
◇チケット:全国共通鑑賞券(1,000円)※一般前売り券は1,300円
◇山田洋次 監督作品 映画「小さいおうち」(82作目)
◇公開日:2014年1月25日(土)ロードショー
◇内容:山田洋次監督 初の直木賞受賞作映画化!(原作:中島京子「小さいおうち」2010年直木賞)
許されぬ恋に心揺れる奥様と家族を見つめる女中—昭和のモダンガールの葛藤。
昭和初期、小さいおうちに奉公した女中・タキが見た、奥様(時子)の“恋愛事件”。
当時の想い出を綴ったノートから紐解かれる、60年間封印されつづけた“秘密”とは―?
出演者:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子 他。
監督:山田洋次 脚本:山田洋次、平松恵美子 音楽:久石譲
◇上映劇場・前売り券情報(含む予定)
◇鑑賞券の取扱い:ご加入の医療福祉生協またはお近くの医療福祉生協まで
◇映画「小さいおうち」公式サイト

◇YouTube:映画の「小さいおうち」予告編

Ⓒ2014「小さいおうち」製作委員会

Ⓒ2014「小さいおうち」製作委員会

※医療福祉生協の皆さまへ
各地の試写会日程・鑑賞券価格・ちらし・ポスターなどについては、医療福祉生協連HPの「会員支援サイト」掲載の連合会発文書No.337「山田洋次監督映画「小さいおうち」チケットの取扱いについて」 No.352「山田洋次監督メッセージ送付のご案内」をご覧ください。会員支援サイトはパスワードが必要です。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 総務部(担当:椎野) 電話:03-4334-1580