「脳いきいき班会」マスタースキルアップ養成講座報告

2013年度「脳いきいき班会(教室)」マスタースキルアップ講座報告
~医療福祉生協主催 12生協23名が参加~

 医療福祉生協連(東京都新宿区:藤原高明会長理事)は、「脳いきいき班会マスター養成講座」に引き続き、「2013年度脳いきいき班会(教室)マスタースキルアップ講座」を開催しました。講座は鳥取大学大学院の竹田伸也氏と神戸医療生協前常務理事の當山恵子氏が務めました。
医療福祉生協連が認定証を授与した「脳いきいき班会マスター」は、10月現在で83名です。

<開催概要>
【1日目:10月25日(金)】
◇目的:(1) マスターの質を維持向上することで、「脳いきいき班会(教室)」インストラクターの養成講座の質を保つ。(2) マスター同士の情報交換の場とし、マスターとしてのやりがいや困難を共有し、問題解決についての相互サポートを図る。
(1)オリエンテーション: 竹田伸也講師
(2)講義:「第1回目の脳いきいき班会」ねらいと進め方~マイナーチェンジしたところ~」竹田講師
(3)グループワーク

▲グルプワークの様子:3つのグループに分かれて話し合いました グルプワークの様子:3つのグループに分かれて話し合いました グルプワークの様子:3つのグループに分かれて話し合いました
▲グルプワークの様子:3つのグループに分かれて話し合いました▲
▲実技を交えた當山講師の楽しい講義 実技を交えた當山講師の楽しい講義▲
▲実技を交えた當山講師の楽しい講義▲

(4)講義:「脳いきいきマスターを楽しみましょう!」 當山講師

(5)質疑・応答 竹田講師・當山講師
「認知症の方への対応」「適切なゲームが見つからない」「他団体への対応の是非」など、日々実践しているマスターならではの質問や疑問に、2人の講師が丁寧に応答しました。

▲質疑応答:(左)竹田講師・當山講師

▲質疑応答:(左)竹田講師・當山講師

▲受講者たちの様子

▲受講者たちの様子

【2日目:10月26日(土)】
(1) マスターのためのコミュニケーション 講義+演習 竹田講師
講義:「他人と信頼関係を築く非言語的コミュニケーション」
演習:相手とのコミュニケーションに関する演習をいくつかのパターンで行い、言葉以外の(非言語的)コミュニケーションについて「態度や表情の大切さ」を学びました。

▲真剣に最後の講義を聞く受講者  

▲真剣に最後の講義を聞く受講者

▲コミュニケーションの大切さを話す竹田講師

▲コミュニケーションの大切さを話す竹田講師

▲身振り・笑顔・態度などを交え非言語コミュニケーションの演習をする受講者たち ▲身振り・笑顔・態度などを交え非言語コミュニケーションの演習をする受講者たち ▲身振り・笑顔・態度などを交え非言語コミュニケーションの演習をする受講者たち
▲身振り・笑顔・態度などを交え非言語コミュニケーションの演習をする受講者たち

【参考情報】:☆医療福祉生協連HPの「班会サポートのページ」の「脳いきいき班会」ページ

第10回健康づくり学会:2014年3月7~8日 神戸ポートピアホテル(PDFファイル)

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580