comcom川柳第22回入選作品の紹介(2013年10月号掲載)

comcom川柳第22回入選作品の紹介(情報誌「comcom2013年10月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品3句と講評を紹介~

医療福祉生協連の情報誌「comcom」2013年7月号の折り込み葉書で応募いただいた句から選者の奈倉楽甫全日本川柳協会常任幹事に優秀句を選んでもらいました。優秀作品3句と講評、添削句、その他の良い句を紹介します。
この入選句は「comcom2013年10月号」の40ページに掲載しております。

入選句掲載の情報誌「comcom10月号」表紙

入選句掲載の情報誌「comcom10月号」表紙

⇒医療生協の情報誌『comcom』案内
情報誌「comcom川柳 2013年10月号」の募集案内(9月27日掲載)

○選者: 奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事
【優秀作品 :3句】※一部ペンネーム使用
 1.無農薬 熟れたトマトに かぶりつく   鹿児島医療生協 甲斐崎さん(65歳・組合員)
  トマトの赤色はきれいで、食欲をそそります。土づくりから苗植え、水やり、草取りと手をかけ、きれいな実をつけてくれた。今朝、初めてひとつを穫ってかぶりつく。幸せなひとときです。
2.老い一人 声かけてみる 春となり   茨城保健生協 高木さん(88歳・組合員)
ご近所に心安い一人住まいの高齢者がいるのか、それとも一人残った親がいるのか…。出かけたついでに、声をかけてみる。「もう春ですよ」と。冬の季語に「春隣」がありますが、これも春がすぐ近くまで来ているという浮き立つ心持ちを表しています。
3.笑いあリ カを抜いて ケアによし   米子医療生協 オリビア大好きさん(63歳・組合員)
人は、笑うだけで体が活性化すると聞きます。鏡に向かって声を出して笑っても良く、笑い合える相手がいればさらに良いとも。病名のつかない疲れた体や気持ちが、ただ笑うだけで元気になる。早速、実行してみましよう。
■ワンポイント・アドバイス:(選者:奈倉楽甫)
  ※寄せられた句を、選者に添削していただきました。参考にして投句してください。 元句:別行動を 報告しあう 日曜日
⇒添削句:別行動 報告しあう 日曜日     
上六の「を」を省くことで、主語が強調されます。
■今月のその他の良かった句を紹介します。
・早起きを した夢みたら 八時前 
・夕食後 ひとりで 選挙投票へ
・核のゴミ ロを閉ざして 再稼働
※次号は、2013年8月号に寄せられた第23回目募集の川柳を発表します。

<問い合わせ先> 医療福祉生協連 会員支援部(担当:江本) 電話:03-4334-1580