ILO「アフリカ協同組合リーダー視察団」来日

ILO「アフリカ協同組合リーダー視察団」来日報告

アフリカの協同組合開発を目的に2010年よりILO(国際労働機関)と日本生協連が合同でとりくんでいる国際支援活動の一 環で、タンザニア連合共和国と南アフリカ共和国から5名が来日し、JAグループ・生協グループなどで視察研修を行いました。
医療福祉生協連(東京都新宿区)も協力し、9月7日には東京保健生協(東京都文京区)の大泉生協病院(練馬区)において視察研修を行いました。当日研修団一行は、東京保健生協の根岸京田理事長から「HPH(健康増進活動拠点病院)の取り組み」を、松本浩明事務長から「東京保健生協のアウトライン」についてのレクチャーの後、同病院内を見学しました。

☆日本生協連のホーム ページの関連記事

▲根岸理事長からレクチャーを聞く研修団 

▲根岸理事長からレクチャーを聞く研修団

▲組合員コーナーで組合員から説明を聞く研修生

▲組合員コーナーで組合員から説明を聞く研修生

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580