comcom川柳第21回入選作品の紹介(2013年9月号掲載)

comcom川柳第21回入選作品の紹介(情報誌「comcom2013年9月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品3句と講評を紹介~

 医療福祉生協連の情報誌「comcom」2013年6月号折り込み葉書で応募いたただきました句から選者の奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事に優秀作品を選んでいただきました。優秀作品3句と講評、添削句、その他の良い句を紹介します。
この入選句は「comcom2013年9月号」の40ページに掲載しております。

入選句掲載の情報誌「comcom9月号」表紙

入選句掲載の情報誌「comcom9月号」表紙

医療生協の情報誌『月刊comcom』案内
情報誌「comcom川柳 2013年9月号」の募集案内(8月23日掲載)

○選者: 奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事
【優秀作品:3句】※一部ペンネーム使用 
1.空梅雨に 雨がほしいと 土の声     鹿児島医療生協 村山さん(65歳・運営委員)
  小さい庭に花や野菜を植えています。朝夕と水を撒いていますが、たまには雨が降ってほしくなります。土はもっと自然の雨水を待っているのでしょう。土に語らせたことで面白い句になっています。
2.行きそびれ 治っていると オキシフル  福山医療生協 北村さん(71歳・組合員)
自転車が砂利道で滑り、右肘をすりむいてしまいました。こんな傷を診てもらうのは恥ずかしいと思い、ひとまず消毒をしました。忙しさにとり紛れていましたが、2、3日してから診てもらうと、やはり「もういいよ」でした。
3.つらいけど うつむかないで かたつむり 奄美医療生協 芳さん(80歳・支部長)
かたつむりの一生には躍進とか飛躍という表現はないのでしょうか。そっと伸ばす触手は、何を求めているのでしょう。今日の収穫はあったのか、元気でねといってやりたいところです。

■ワンポイント・アドバイス:(選者:奈倉楽甫)
  ※寄せられた句を、選者に添削していただきました。参考にして投句してください。
元句:おはようとかわすことばに笑顔あり
⇒添削句:おはようとかわすことばにある笑顔
    たった一字を変えるだけで、文語体が□語体になります。多くの人に読んでもらう作品ですから、わかりやすいことも大切です。
■今月のその他の良かった句を紹介します。
・孫のため 実は自分の 脳ドリル ・議事堂に 積んでやりたい 核のゴミ
・大笑い 心とからだ すっきりと ・勇気出し 声かけすれば お友達

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部(担当:江本) 電話:03-4334-1580