国民平和大行進は7月26日広島県に入りました

「2013年国民平和大行進」は7月26日広島に入りました
~8月4日平和公園ゴールまで県内を行進~

 原水爆禁止国民平和大行進中央実行委員会(事務局:東京文京区)の呼びかけた「2013年原水爆禁止国民平和大行進・東京-広島コース」(以下「平和行進」と略)は、5月6日、東京・夢の島をスタートし、神奈川県、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、兵庫県、岡山県を経由し、7月26日に広島県入りました。 8月4日の平和公園(広島市)にゴールまで、10日間にわたり広島県下を行進しています。

●5月7日~18日川崎医療生協・神奈川北央医療生協・医療生協かながわ等から約60名が参加
 5月7日、東京から神奈川に引き継がれた平和行進に、川崎医療生協の組合員・職員たち25名がとりくみました。県内の行進に、5月10日・11日・17日には神奈川北央医療生協の組合員・役職員が参加し、5月13日~18日には、医療生協かながわの皆さんが参加しました。

▲川崎市内を行く平和行進団

▲川崎市内を行く平和行進団

▲川崎市役所前の引継ぎ式の通し行進者たち

▲川崎市役所前の引継ぎ式の通し行進者たち

●愛知県内の行進に南医療生協・北医療生協・みなと医療生協から550名が参加
 南医療生協(名古屋市緑区)は、5月31日の静岡県から愛知県への引継ぎに始まり、6月10日の知多半島コースまでの全8コースに組合員・職員合計173名で参加しました。5月31日の静岡県からの引継ぎ式では、静岡の浜北医療生協(浜松市北区)から「医療福祉生協行進旗」の引き継ぎを受け(下の左の写真)、原爆の火がともる豊橋桜丘高校まで行進しました。

▲浜北医療生協から行進旗を引き継がれました

▲浜北医療生協から行進旗を引き継がれました

▲行進の後記念撮影する南医療生協の皆さん

▲行進の後記念撮影する南医療生協の皆さん

 6月5日、みなと医療生協(名古屋市熱田区)の組合員・職員たち約130人が3コースに分かれて参加しました。当日の最終地点となった協立総合病院中庭では、職員が麦茶を用意して出迎えました。
 6月9日、北医療生協(名古屋市北区)は約250人で参加し、北区コースを行進しました。初めての参加者から「沿道のみなさんも手を振ってくれることが多かった」との感想が寄せられました。

▲親子連れで行為に参加した北医療生協の皆さん

▲親子連れで行為に参加した北医療生協の皆さん

▲医療福祉生協の平和行進旗

▲医療福祉生協の平和行進旗

●6月16日 西濃医療生協(岐阜県大垣市)食堂で千羽鶴の贈呈式
 6月16日、西濃医療生協(岐阜県大垣市)は、同生協の食堂の玄関において、行進者へ千羽鶴を贈呈しました。贈呈式には2人の100歳になられた方を含むショートステイ利用者20名・職員10名・ボランティア1名の合計31名が参加しました。

▲西濃医療生協玄関前の千羽鶴贈呈式の様子

▲西濃医療生協玄関前の千羽鶴贈呈式の様子

▲滋賀県から京都府への引継ぎ集会

▲滋賀県から京都府への引継ぎ集会

●6月16日から滋賀県内を行進し、6月21日に京都府に引き継がれました
 関が原中央公民館前で行われた、岐阜県から滋賀県の引継ぎ式には、約130名が参加しました。しが健康医療生協(滋賀県栗東市)から医師・看護師・職員が多数参加しました。行進は、米原市役所山東庁舎を出発し、近江長岡駅前で折り返しました。この日から6月21日まで滋賀県内を行進した後、京都府へ引き継がれました。
 6月21日から6月26日の間、平和行進は京都府内を行進しました。6月23日(日)当日は、乙訓医療生協(京都府向日市)の総代会の日でしたが、組合員・職員約20人で参加しました。「折からの雨で大変だった」「行進に若い人の参加が増えていて元気をもらった」などの感想が寄せられました。

【関連情報】
「2013年原水爆禁止国民平和大行進」要綱・日程(第1報)-2013年3月25日掲載
「2013年国民平和大行進」がスタート(第3報)-2013年5月7日掲載

<問合わせ先>
医療福祉生協連 本部(会員支援部)  電話:03-4434-1580