原発のない福島を!県民大集会報告

「原発のない福島を県民大集会」が開催されました
~全国から7,000人 福島全基廃炉など宣言採択~

原発のない福島を!県民大集会」実行委員会(五十嵐史郎実行委員長)が、2013年3月23日、福島市のあづま総合体育館で開催した「原発のない福島を!県民大集会」に、全国から約7000人以上(主催者発表)が参加しました。

集会では、呼びかけ人を代表して、清水修二福島大教授、鎌田慧さん(ルポライター)が「県内の原発を全基廃炉にするまで頑張りましょう」と訴えました。さらに、市民、農業・漁業者、観光業者、母親たちが被災の現状などを訴え、最後に「原発依存からの脱却、県内原発の全基廃炉などを国や東電に求める集会宣言」を採択し終了しました。

この集会には、福島県内の5つの医療福祉生協はじめ、東北地区や各地の医療福祉生協が参加しました。

約7000人が集まった脱原発を求める集会=福島市

約7000人が集まった脱原発を求める集会=福島市

福島県生協連HPに掲載「集会宣言」(福島県生協連のHPにリンク)

「原発のない福島を県民大集会」公式サイト

<問い合わせ先>
「原発のない福島を!県民大集会」実行委員会 事務局
〒960‐8106福島市宮町3-14 労働福祉会館4F 福島県平和フォーラム内 
TEL:024-522-6101  Fax:024-522-5580