「5.31 WHO世界禁煙デー2013」にとりくみます

医療福祉生協は「5.31 WHO世界禁煙デー2013」にとりくみます
~「まちかど健康チェック」・「禁煙学習会」などを実施~

医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)と全国の医療福祉生協は、WHO(世界保健機関)による全世界への「禁煙デー」の呼びかけに呼応して、5月31日から「禁煙週間」に合わせて様々なとりくみを行います。

<2013年「5.31 WHO世界禁煙デー」スローガン>

“Ban tobacco advertising, promotion and sponsorship”
=「タバコの宣伝,販売促進活動,スポンサー活動を禁止しよう」

☆日本禁煙学会HPの「WHO(世界保健機関)の5.31世界禁煙デー」のページ

●世界禁煙デーと禁煙週間について
WHOが発足40周年を記念して1988年4月7日を世界禁煙デ-とし、禁煙キャンペ-ンを実施することを決定した事が出発点になっています(その翌年の89年からは「5月31日」となりました)。 「世界禁煙デ-」は、WHOが喫煙者に対して24時間喫煙を控えるよう呼びかけるとともに、各国の政府・自治体・諸機関・個人に対して、喫煙と健康問題についての認識を深め、適切な対策の実践を求める日です。
●日本の禁煙デーと禁煙週間について
厚生労働省では、平成4年から5月31日の世界禁煙デーとし、さらに、5月31日からの1週間を「禁煙週間」(5月31日~6月6日)と定めて普及啓発を行っています。

☆厚生労働省のHPの「世界禁煙デーの取り組み」のサイト(2013年分は未掲載)

<医療福祉生協のとりくみ>
各地の医療福祉生協は、5月31日からの「禁煙週間」(5月31日~6月6日)に合わせ、今年度も禁煙促進の啓もうと世論喚起を行うことを目的に「まちかど健康チェック」「学習会」などにとりくみます。また、啓発運動の一環として、2013年3月1日~31日に「ポスターコンクール」を実施し、28点の応募をいただきました。このコンクールの最優秀作品を禁煙ポスターデザインに採用したポスターを作成し、禁煙週間の啓発普及ポスターとして、各地の医療福祉生協の病院・診療所・事業所に掲示します。

とりくみ内容
○まちかど健康チェックの中で禁煙を訴えるとりくみを行います。
○中学校・高校に申し入れて、喫煙による健康被害を知らせ、禁煙意識を啓もうする機会を設けます。
○大学生協と協力して健康チェックを実施し、禁煙を促進する機会とします。
○自治体や地域の諸団体への呼びかけ、連携したとりくみを行います。

昨年採用されたWHO「禁煙デー・がん月間」のポスター

WHO世界禁煙デー「ポスターコンクール」募集終了(2013年4月3日掲載)

<問い合わせ先>
医療福祉生協連  会員支援部  電話:03-4334-1580