国際協同組合年終了「ICAが10年計画」を確定

国際協同組合年終了しICA「10年計画(ブループリント)」を確定

 国連の定めた「国際協同組合年(IYC)」は2012年で終了しましたが、国際協同組合同盟(ICA)では、IYCをスタートとして協同組合をさらに発展させるために、2020年を視野に入れた「協同組合の10年に向けた計画(ブループリント)」を作成し、達成すべき3つの目標と5つの戦略を掲げました。
 このブループリント案は様々な意見や検討を経て、2012年10月にギリスのマンチェスターで開催されたICA臨時総会で承認され、2013年2月に確定版として発表されました。

1.2020年までに達成すべき3つの目標。
(1)協同組合が経済・社会・環境の持続可能性において認知されたリーダーとなる。
(2)人々に最も好まれるモデルとなる。
(3)もっとも急速に成長する事業形態となる。

2.この目標を達成するためのお互いに関係し合う5つの戦略分野。
(1)組合員としての、またガバナンスへの参加のレベルを引き上げる。
(2) 協同組合を持続可能性の構築者と位置づける。
(3) 協同組合のメッセージを構築しアイデンティティを確立する。
(4) 協同組合の成長を支援する法的枠組みを確保する。
(5) 組合員による管理を保障しながら、信頼性のある協同の資本を確保する

※「協同組合の10年に向けた計画」の英語版は下記のサイトでご覧ください。

IYCの公式ホームページの「10年計画(ブループリント)」情報