2012年度事業所利用委員会責任者会議報告

医療福祉生協連「2012年度 事業所利用委員会責任者会議」報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)は、2013年3月1日・2日の両日、神戸ポートピアホテル(神戸市)にて、標記の会議を開催しました。35医療福祉生協の組合員と職員など67名が参加しました。
 この会議は、現在論議中の「医療福祉生協のいのちの章典」を、医療・介護の分野でどう具体化し実践につなげていくかを検討し、実践ガイドライン策定の出発点とすること、全国の利用委員会活動の交流を行うことを目的に開催したものです。

<2012年度事業所利用委員会責任者会議の概要>
◇第1日目(3月1日):基調報告・学習講演・グループディスカッション
□基調報告1:「「いのちの章典」の論議で明らかになったこと」
 医療福祉生協連 齊藤惠子理事(理念策定小委員会)
□基調報告2:「医療福祉生協のいのちの章典」の具体化・実践にむけて
 医療福祉生協連事業所利用推進小委員会 堀内 静夫委員長
□学習講演:「患者の権利の擁護にとりくんで」
 患者・家族と医療をつなぐNPO法人“架け橋” 北田 淳子理事(阪南中央病院 患者情報室「とまり木」)
□グループディスカッション:
 テーマ:「医療福祉生協のいのちの章典の論議とその実践について ~ガイドライン策定にむけて~」

◇第2日目(3月2日):指定報告(2生協)・グループディスカッション・まとめ報告
□報告1:「『いのちの章典』討議報告~川崎の南から北のとりくみ~」
 川﨑医療生協 洞口 延江常務理事
□報告2:「東京保健生協 事業所利用委員会のとりくみ」
 東京保健生協 練馬事業所利用委員会 佐藤 健委員長
 ※介護専門職が地域支部の保健活動講師を勤めるなどで地域との関わりが広がる。
□グループディスカッション:
 テーマ: 「2012年度のとりくみと2013年度の課題を交流しまとめる」

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580