comcom川柳第14回入選作品の紹介(2013年3月号掲載)

comcom川柳第14回入選作品の紹介(情報誌「comcom2013年3月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から優秀作品3句と講評を紹介~

 情報誌「comcom2012年12月号」の折り込み葉書で応募いたただきました句から優秀作品3句を奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事に選んでいただきました。この入選句は「comcom2013年3月号」の40ページにも掲載しております。

入選句掲載の情報誌「comcom3月号」表紙

⇒医療生協の情報誌『comcom』案内
情報誌「comcom川柳 2013年3月号」の募集案内(2月25日掲載)

○選者: 奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事
【優秀作品 :3句】※一部ペンネーム使用
1.趣味一つ ふえて宇宙が 広くなり 郡山医療生協 菅野さん(83歳・運営委員)
 生活のために苦労している時間を離れて、好きなことに体を動かし頭を使う、これを趣味といいます。ふとしたことで新しい友人ができたり、思わぬ成果があって日常では知らなかった世界が広がります。前向きの佳句です。
2.いい目覚め 鏡に笑う 老いのシワ 奄美医療生協 芳さん(80歳・支部長)
 老いもシワも、その一語なら喜ばれない言葉ですが、健康な老いであれば、来し方を物語るモニュメントだと思いたいですね。この方も、鏡を見て笑っておられます。今日もきっと良いことが期待されます。
3.大そうじ 孫のあとから そっとふき 松江保健生協 ただいま5人さん(59歳・事務)
 年末の大掃除か、来客に備えての掃除か、やっていると孫が来て手伝ってくれた。優しい孫に「ありがとう」といったが、掃除の跡を見ると汚れが残っている。「仕様がないね」と笑いながら拭き直している。

■ワンポイント・アドバイス:寄せられた句を、選者が添削しました。投句の参考にしてください。
(元句):点滴さん 今日の母の 調子いかが
⇒(添削句):点滴さん 母の調子は いかがです
 長時間の点滴に耐えているお母さんの様子を見ている人の作品でしょう。六、六、六では調子が良いとはいえませんので。

■今回は楽しい句がたくさんありました。どの句も合格点に達しています。 (選者:奈倉楽甫)
千歳飴 十人お伴に ハイチーズ
好きな山 思い浮かべて スクワット
席譲り 今ほのぼのと なっている
ナースコール 確と握って 眠る母

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 渉外・広報部(担当:江本) 電話:03-4334-1580