「脳いきいき班会(教室)」 日本認知症予防学会誌に論文掲載

医療福祉生協の「脳いきいき班会(教室)」に関する論文が日本認知症予防学会誌に掲載
~執筆:竹田伸也鳥取大学講師など~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)と各地の医療福祉生協すすめている認知症予防のプログラム「脳いきいき班会(教室)」についての論文が日本認知症予防学会のホームページに掲載されています。この論文は、医療福祉生協の「脳いきいき班会(教室)」開発者の鳥取大学大学院の竹田伸也講師が中心となって執筆されたものです。
 この論文は、「日本認知症予防学会誌Vol.1 No.1, 2012」に掲載されています。論文名は、「アルツハイマー病の危険因子を減らす生活習慣の形成を目指した行動変容プログラムの有効性」です。日本認知症予防学会のホームページからダウンロード可能です。

「会学会誌」の掲載論文のタイトルと執筆者の抜粋

☆「日本認知症予防学会学会誌(Vol.1 No.1, 2012)」(ISSN 2187-3798)【PDFファイル6ページ】
※上記からダウンロードできます。

【参考情報:医療福祉生協連ホームページ掲載情報】
☆「脳いきいき班会(教室)」関連情報(「健康ファイルと班会サポート」のページ)

<問い合わせ先>
■日本認知症予防学会・事務局  電話:093-653-2122 FAX:093-653-2666
〒805-0033 福岡県北九州市八幡東区山路松尾町13-2