医療福祉生協連「全国組織部課長会議」報告

医療福祉生協連 2012年度全国組織部課長会議 報告
~300万人組合員を早期に達成し地域に協同の“わ”を大きく広げよう~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)は、2012年度全国組織部課長会議会議を東会場・西会場の2か所で開催しました。東・西で合計59生協63名(東27生協30名・西32生協33名)が参加しました。この会議は、「生協強化月間」の到達点と教訓を共有化し、300万人組合員を早期に達成し地域に協同の“わ”を大きく広げるた めの課題を明確にするために開催しました。 

<会議の概要>
◇基調報告(東西共通):300万人組合員を早期に達成し地域に協同の“わ”を大きく広げよう」
  医療福祉生協組合員活動委員会 松本弘道委員長
◇事例報告(東西共通):「合併20周年!仲間増やしで過去最高の峰を築こう!」
 300万委員会 小暮里美委員(医療生協さいたま 本部けんこう文化部長)
 ※以下は東西それぞれ別々なテーマと報告者
■東日本会場
 ●開会挨拶:・「いのちの章典」と「理念」~医療福祉生協のめざすもの~」
  藤谷惠三医療福祉生協連専務理事
 ●事例報告:「組合員ふやしの担い手をいかに増やすか」
  佐藤克行組合員活動委員会 委員
■西日本会場
 ●事例報告:「私には“夢”がある/みんなの“ありたい姿”集めた月間のとりくみ」
  300万委員会 中塚崇司委員(愛媛医療生協 組織部長)
 ●事例報告:「楽しく出会う、そしてつながる」
  阪森 久美子 神戸医療生協組織部長
◇グループワーク(東西共通運営)
 テーマ「2012年度上半期振り返りと300万組合員に対して次年度に向けて各生協で何をしなければいけないか」
  それぞれ5グループに分かれ、2時間、討議し課題を出し合い、全グループから発表しました。

東会場のグループワークの様子

西会場のグループワークの様子

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580