2012年度 まちづくり活動責任者会議報告

医療福祉生協 2012年度 まちづくり活動責任者会議報告
~40生協62名がまちづくり活動を討議・交流~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)は、11月26日・27日、都内で「2012年度まちづくり活動責任者会議」を開催しました。この会議には、40生協62名が参加しました。NPO法人朝日訴訟の会の朝日建二理事による「社会保障の原点“人間裁判”」をテーマに講演いただきました。

会場の様子

講師:朝日健二さん

<会議の要旨>
《第1日目》
◇学習講演:
「社会保障の原点“人間裁判”~生活保護を守り、まちづくりに活かしましょう~」

      NPO法人朝日訴訟の会 朝日 建二 理事                
 年越し派遣村で見える化した雇用の実態、14年連続3万人超の自殺者数、後を絶たない餓死・孤独死。現在進められようとしている生活保護基準保護基準」の引き下げにより、朝日訴訟の中身が繰り返されるのではないか。
◇グループ討論:8グループに分かれ「自生協紹介・報告・講演内容・上半期の振返りなど」を討議

グループ討論の様子

グループ討論の様子

《第2日目》
◇3つの生協からの活動報告

報告1:竹内智子さん

報告2:岸本真千子さん

報告3:茅野 涼一さん

■報告1:「生活保護制度改革を先取りする大阪(西成区)の実態」
  大阪きづがわ医療福祉生協 竹内 智子さん
  ●橋下市政のもと新区長による「西成特区構想(医療機関等確認制度)」
■報告2:「無料低額診療事業の意義と今後の課題」
  尼崎医療生協 岸本 真千子さん
  ●無年金・低額年金者が多く、無料低額診療以外使えない人が多いという実態
■報告3:「高齢者にやさしいまちづくりの取り組みの現状と今後」
  宝塚医療生協 茅野 涼一さん
  ●住民組織と連携しアンケートで実態把。そのデータをもとにみんなで一緒に宝塚市と懇談。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580