2012年度 「脳いきいき班会(教室)」マスター養成講座報告

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)は、10月25~26日、神戸ポートピアホテルにて「2012年度脳いきいき班会(教室)マスター養成講座」(20生協38名)、10月26~27日に「2012年度脳いきいき班会(教室)マスタースキルアップ講座」(12生協21名)を開催しました。現在全国の医療福祉生協では、認知症予防活動の一環として、各地でインストラクター中心に「脳いきいき班会(教室)」が行われています。

●2012年度 「脳いきいき班会(教室)」マスター養成講座に20生協38名が参加
 この講座はインストラクターとして「脳いきいき班会(教室)」の立ち上げや運営に関わっている方、今後「脳いきいき班会(教室)」インストラクター養成を行う予定の方を対象に開催したものです。
<開催概要>
 2日間の講師は、鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻の竹田伸也講師と神戸医療生協の當山恵子常務理事のお二人に担当いただきました。

☆2011年度「脳いきいき班会(教室)」マスター養成講座報告(2011年10月28-29日開催)

●2012年度 「脳いきいき班会(教室)」マスタースキルアップ講座に12生協21名が参加
 既に脳いきいきマスターの資格をお持ちの方を対象に、初めてとなるスキルアップ講座を開催し、マスターとしての役割を再確認するとともに養成講座の質を担保し、現状の課題と問題点の交流と相互サポートを図ることを目的に開催したものです。

<開催概要>
 2日間の講義は、鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学専攻の竹田伸也講師と神戸医療生協の當山恵子常務理事が担当しました。参加者たちの満足度は高く、「今一度、脳いきいき班会の基本にかえって活動を見直したい」「インストラクター交流会など、養成後のサポートに力を入れたい」などの感想が寄せられました。

<問い合わせ先>
 医療福祉生協連 会員支援部 電話:03-4334-1580