厚生労働省平成24年度老人保健健康増進等事業採択のお知らせ

厚生労働省平成24年度老人保健健康増進等事業採択のお知らせ

 医療福祉生協連は、厚生労働省老健局に平成24年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費補助金)の国庫補助を申請し、採択の通知を受理しましたのでお知らせします。

1.事業名
 認知症者の生活支援実態調査と支援方策の開発に関する臨床研究
 ~適切なトータル生活サポートと医療・介護の連携のありかたについて~

2.事業実施目的
 今後進行する高齢化に伴い、社会的支援を多く必要とする要介護高齢者人口が 増大する一方で、要介護高齢者を支える家族基盤は脆弱化し続け、世帯構成の 変化に高齢者のひとり暮らしや高齢者夫婦世帯が増大している。しかし、認知 症者の生活実態については明らかになっていない部分が多い。 本事業では、全国の会員生協の居宅介護支援事業所、在宅療養支援診療所、病院の地域連携室、訪問看護ステーションへアンケート調査を実施し、認知症者のデータを集めることにより、生活の実態を明らかにし、支援方策の開発につなげることを目的として実施する。

3.事業内容
(1)アンケート調査の実施
 1)北海道・秋田・千葉・山梨・熊本・長崎を除く41都府県にある110医療福祉生協の居宅介護支援事業所を中心に、訪問看護ステーション、在宅療養支援診療所、病院の地域連携室など認知症者の援助者にアンケート用紙を配布する。
 2)調査項目は、認知症者本人の性別、年齢、現病歴など本人の状況、家族介護者について独居か同居家族の有無、社会資源の状況を3次元で作成して実施する

(2)認知症ケアマネジメントの事例検討(10名程度)
 上記調査と並行して実施する。
 3)ワーキングチームで、これまでに対応してきた認知症者の事例(10例程度)を検討し、どの時期に、誰が、どのような支援を行ってきたかを明確にする
 4)医療介護の連携や地域のフォーマル・インフォーマルな支援の連携の必要性などについて考察し、次年度以降、調査にもとづく事例研究のためのフレームを作る 次年度以降、上記(1)(2)から調査結果から、事例研究を実施し支援方策を検討する

4.この件に関するお問合せ
 日本医療福祉生活協同組合連合会 会員支援部 藤井啓子
 〒169-0073 東京都新宿区百人町3-25-1 サンケンビルヂング4F
 TEL: 03-4334-1580 FAX: 03-4334-1585