平和と日本の安全を脅かすオスプレイの配備に反対します

 日本医療福祉生活協同組合連合会(略称:医療福祉生協連、本部:新宿区百人町、高橋泰行会長理事)は、 7月21日理事会で「平和と日本の安全を脅かすオスプレイの配備に反対します」の声明を採択し、日米両政府に送付しました。


日本の平和と安全を脅かすオスプレイの配備に反対します

2012年7月21日
日本医療福祉生活協同組合連合会 理事会

 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが7月23日、米軍岩国基地に陸揚げされ、その後沖縄県の普天間基地に配備されようとしています。  日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)理事会は、オスプレイの配備がわが国の平和と安全に重大な脅威をもたらすものと考え、政府に配備手続きの中止を求めるとともに、日本へのオスプレイの配備と飛行訓練を強行する米国政府に対して強く抗議するものです。

 オスプレイは開発段階から墜落事故をくりかえしており、今年に入ってからも2回墜落事故を起こしています。オスプレイは、一般のヘリコプターが持っているオートローテーション(エンジン停止時でも気流でプロペラを回して浮力を得て着陸する)機能を備えていないことから、専門家からも欠陥機と指摘されています。  今、このオスプレイが沖縄普天間基地に配備され、日本中を訓練空域として低空飛行訓練がなされようとしています。  オスプレイの配備と訓練計画は、私たち国民のいのちとくらしを脅かす危険な計画であり、容認できません。

 また、日本へのオスプレイの配備は、米海兵隊の機動力を高めることが目的であり、わが国とアジアの平和にも重大な危機をもたらすものになります。森本敏防衛相は、オスプレイの配備を「安保条約の趣旨に従うもの」(9日衆院予算委員会)と述べましたが、そのことがあらためて日米安保体制の危険性を明らかにしています。

 オスプレイの配備には、普天間基地がある沖縄や陸揚げされる山口だけでなく、低空飛行訓練が予定される全国各地の自治体、住民から強い反対の声が上がっています。  私たちは、日本政府に対し、これらの国民の意思を尊重してオスプレイの配備手続きを止めるよう要請します。また、米国政府に対してもオスプレイの配備と飛行訓練計画を撤回するよう強く求めます。

以 上