comcom川柳第4回入選作品の紹介(4月号掲載)

comcom川柳第4回入選作品の紹介(情報誌「comcom2012年4月号」掲載)
~皆さまから寄せられた句から入選作品10句を紹介~

 医療福祉生協連の情報誌「comcom2012年1月号」の折り込み葉書で応募いたただきました句から優秀作品3句と講評、佳作7句を紹介します。この入選句は「comcom2012年4月号」の35ページに掲載しております。

入選句掲載の情報誌「comcom4月号」表紙

⇒医療生協の情報誌『comcom』案内
情報誌「comcom川柳 2012年4月号」(掲載は7月号)の募集案内(3月26日掲載)

○選者の総評                  奈倉楽甫 全日本川柳協会常任幹事
 今回応募された中に、たくさん破調(字余り、字足らず)の句がありました。せっかく良い句材を見つけたのに、もつたいないことでした。川柳は定型(五・七・五の十七音字)で作られたものが、読みやすく、わかりやすいのです。句ができたら声に出して読んでみましょう。投句が毎月できるとなると、忙しいと思われる方もあるでしょう。しかし、締め切りを前にすると集中力がでて一度に素晴らしいアイデアが生まれ、光るヒントが見つかることがあります。作句は時を選びません。特に負担に感じなくても、頭のどこかに句を作ろうと考えている部分があるようです。自分の掌を見る、関係のないチラシを見る、百円ショップを覗く、そうした行動のひとつひとつが、いつか素敵な材料になるかもしれません。目を開きましょう。

【優秀作品 :3句】
1.異常なし 医師が眩しい 検査室   高知医療生協 中村さん(70歳・支部長)
 病気に検査はつきものですが、検査をされる患者さまにとっては大変です。結果がわかるまでの何日間は本当に気になってしまいます。異常なかったですよと聞いた時、正直、先生が眩しく思えたのです。誰にでもわかってもらえる本音でしょう。
2.待合で 少しはにかみ 久しぶり   みえ医療福祉生協 すばるさん(57歳・事務)
 もしやという気持ちで病院へ来てみたら、昔の友人と会ったのでしよう。はにかみというのが、ドラマですね。ほほえみを誘う句です。
3.看護師の 笑顔の迎え ホットする 庄内医療生協 こんぺいとうさん(76歳・組合員)
 月に1、2度来院するのでしようか。顔見知りの看護師さんに笑顔で迎えてもらう、それだけで気持ちが楽になりました。

【佳作 :7句】
手帳換え 心の中も 大掃除    医療生協さいたま やる気いっぱい!さん(45歳・リハビリ)
ぎっくりを 気づかう言葉 患者さん    盛岡医療生協 佐藤さん(52歳・事務)
ツレが解く クロスワードの 速いこと   高知医療生協 銀河の天使さん(55歳・事務)
今年こそ 平穏願う 初詣で         徳島健康生協 伝住さん(理事)
送迎の 車内楽しい医者通い       米子医療生協 高田さん(70歳・運転手)
つつがなく こたつにはまる 歳のくれ   米子医療生協 三橋さん(61歳・組合員)
黒い霧 後に残した 放射能         郡山医療生協 千葉さん(71歳・理事)

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 渉外・広報部(担当:江本) 電話:03-4334-1580