医療福祉生協「口と健康を考えるつどい」報告

医療福祉生協連主催「2011年度口と健康を考えるつどい」報告
~「口から見える全身の健康を」に23生協・98名が参加~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)主催の「『口と健康』を考えるつどい」が、3月3日・4日の両日、コープフラザ(東京都渋谷区)において、23医療福祉生協の組合員・歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・看護師・事務職員など98名の参加で開催されました。

このつどいの目的は(1)医療福祉生協の健康づくりの一環として、歯や口の健康づくりをすすめること、(2)組合員とともにつくる歯科活動を発展させること、(3)医科・歯科・介護の連携で医療福祉生協らしい事業をつくることです。このつどいでは、医療福祉生協における医科・歯科・介護や地域の連携を学び、組合員の参加と事業所の取り組みなどの実践と経験を持ち寄り交流しました。

記念講演:足立了平教授(神戸常磐大学)

熱心に聞く参加者たち

●口の健康を抜きに全身の健康は語れない。歯みがきは最も実施しやすい保健予防活動。
 医療福祉生協連歯科グループの中澤桂一郎委員長(歯科医師)は基調報告で「口の健康を抜きに全身の健康は語れない。歯みがきは最も実施しやすい保健予防活動です。」と報告しました。滝本博歯科グループ委員は「2012年度は“口と健康を考えるつどい”からさらに発展させて、“健康づくり活動交流集会in神戸(2013年2月23-24日開催予定)”との合同開催を検討しています。職種や職域を超えて多くの方たちに参加していただきたいと思います」と述べました。また、同会場で「認知症サポータ養成講座」が開催されたり、ポスターコンクール等が行われました。ポスターコンクールは、参加者たちの投票により尼崎医療生協歯科のポスターが第1位となりました。

<『口と健康』を考えるつどいの概要>
◇開催日時:2012年3月3日 (土)14時~3月4日(日)12時
◇開催場所:コーププラザ(東京都渋谷区)
◇プログラム:
 第1日目(基調報告・記念講演・指定報告・交流会)
 第2日目(分科会・全体会)
【第1日目】基調報告・記念講演・指定報告・グッズとポスター展示・夕食交流会
 ■基調報告:中澤桂一郎医療福祉生協連理事・歯科グループ委員長・歯科医師
 ■記念講演:「健康は健口から~口と全身の意外な関係」
  神戸常磐大学短期大学部 口腔保健学科 足立了平教授
 ■指定報告:「生協歯科ひろしま新築移転~組合員と職員が協同して作ったけんこうまつり」
  広島中央保健生協 藤行智賀子歯科利用委員・田中正江建設委員
 ■指定報告:「嚥下障害/口と全身疾患について」
  庄内医療生協 鶴岡リハビリテーション病院 福村直毅医師
 ■「認知症サポーター養成講座」
  手塚美恵子歯科グループ委員・新潟医療生協
 ■夕食交流会 (ポスターコンクール表彰など)

基調報告:中澤桂一郎歯科グループ委員長

指定報告:広島中央保健生協(藤行氏・田中氏)

指定報告:庄内医療生協・福村直毅医師

認知症サポーター養成講座:手塚美恵子歯科グループ委員

夕食交流会の様子

 

【第2日目】分科会
■テーマ別分科会
 ○第1分科会「歯科治療の現実と問題について」
 ○第2分科会「認知症予防と口の健康」
 ○第3分科会「医科・歯科・介護連携」
 ○第4分科会「歯磨きセミプロの活動」

第1分科会の様子

第2分科会の様子

第3分科会の様子

第4分科会の様子

■つどいのまとめ:滝本博医療福祉生協連歯科グループ委員・歯科医師
※次回(2012年度)は“口と健康を考えるつどい”を、さらに発展させて、“健康づくり活動交流集会in神戸(2013年2月23-24日開催予定)”との合同開催を検討しています。職種や職域を超えて多くの方たちに参加していただきたいと思います。

まとめを聞く参加者たち

まとめの報告:滝本博歯科グループ委員

●ポスターコンクール投票結果:第1位~第3位のポスター 第一位「尼崎医療福祉生協歯科」

第1位 尼崎医療生協歯科

第2位 医療生協さいたま・朝霞和光支部

第3位 香川医療生協平和歯科

▲ポスターコンクール:投票する参加者たち▲

※近日中に「口と健康を考えるつどい報告集」をホームページに掲載予定です。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部  電話:03-4334-1580