「原発事故とエネルギー政策に関するシンポジウム」案内(再掲)

医療福祉生協連「原発事故とエネルギー政策に関するシンポジウム」案内(再掲)
~3月30日 原発事故対応・将来にわたるエネルギー政策を広く発信する~

 医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)は、3月30日(金)に、標記シンポジウムを下記のとおり開催いたします。医療福祉生協連は将来のエネルギー政策のあり方の論議を重ね、3月にその論議の結果を「提言」としてまとめる予定です。このシンポジウムは、この「提言」の内容を広く医療福祉生協の組合員・役職員と共有し、医療福祉生協の原発対応とエネルギー政策のあり方について意見交換するとともに、今後、この「提言」の内容を広く発信してくために開催するものです。
 多くの組合員・役職員の皆さまにご参加いただきますよう呼びかけます。

<「原発事故とエネルギー政策に関するシンポジウム」の概要>
◇開催日:2012年3月30日(金)13時~16時
◇会 場:日本大学歯学部2号館地下1階第一講堂(アクセス・地図)
 千代田区神田駿河台1-8    TEL.03-3219-8001(庶務課)
◇参加費:資料代 1,000円(税込み)
申込締切日:2011年3月15日(木)
◇日 程 :(予定)
13:00~13:10主催者挨拶 医療福祉生協連 原発事故放射線被害対策委員
 医療生協健文会 専務理事 馬場 康彰
13:10~13:50 原発事故・放射線被害とエネルギーに関するアンケート結果とその分析
 佐藤 英仁氏 東北福祉大学 総合福祉学部 社会福祉学科
13:50~14:30 「原発事故対応・将来にわたるエネルギー政策に関する提言」報告
 医療福祉生協連 原発事故放射線被害対策委員
  谷口 亮一長野医療生協 専務理事
14:30~14:40 休憩
14:40~15:45 パネルディスカッション
テーマ:原発事故対応・エネルギー政策と医療福祉生協の思い描くまちづくり(仮)
パネリスト:宮田 育治・医療福祉生協連 原発事故放射線被害対策委員長
 野口 邦和・同上委員・日本大学歯学部准教授
 中島 光知子 医療生協さいたま 常務理事
コーディネーター:日野 秀逸医療福祉生協連 副会長理事・東北大学名誉教授
15:50~16:00 まとめ・閉会挨拶 :藤谷 惠三 医療福祉生協連 専務理事

※医療福祉生協の皆さまへ
 シンポジウムの詳細・申込用紙などは、「医療福祉生協会員支援サイト」の1月の医療福祉生協連発文書「No359「(仮)原発事故とエネルギー政策に関するシンポジウム」案内(第1報)」をご覧ください。
※このサイトはパスワードなどが必要です。所属生協の担当者にお尋ねください。

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 会員支援部 (担当/髙谷) 電話:03-4334-1580
参加および取材をご希望の方は事前に上記の事務局にご連絡ください。