2012国際協同組合年スタートしました

~キックオフイベントに300人が参加~

 2012国際協同組合年全国実行委員会の主催の「キックオフイベント“協同組合がよりよい社会を築きます”フォーラム」が、1月13日、国連大学「ウ・タント国際会議場」(東京都渋谷区)において、協同組合関係者など約300人の参加をえて開催されました。医療福祉生協連から11名が参加しました。

挨拶:内橋克人全国実行委員会代表

来賓挨拶:齊藤勁内閣官房副長官

 全国実行委員会の内橋克人代表は開会挨拶で「被災地に常駐し、心を通わせ活動している協同組合の方々の活動に勇気づけられています。現在の日本は、雇用・労働が解体され、非正規が約4割を占める貧困社会になっています。協同組合は、安心社会を再構築するため、雇用・労働の社会統合に取り組まなければなりません」と協同組合の使命を訴えました。続いて、齊藤勁内閣官房副長官の来賓挨拶、パン・ギムン国連事務総長のビデオメッセージの紹介、全国実行委員会の比嘉政浩事務局長から「国際協同組合年概要」報告、福島県、広島県、岡山県の3実行委員会から活動報告がありました。
 休憩の後、「これからも協同組合がよりよい社会を築けるか」と題するパネルディスカッションが日本生協連の山内明子執行役員をコーディネーターに行われました。パネリストは生源寺眞一名古屋大学教授、堀田力さわやか財団理事長、小川泰子社会福祉法人いきいき福祉会専務理事がつとめました。
 生源寺氏は「組合員共助のための組織としての協同組合は、それ自体として社会全体の福祉の向上につながる。」と指摘。堀田氏は「協同組合として公益活動の位置づけを明確にし、協同組合間の連携を強め、NPO・公益法人のネットワークに参加しよう」と発言。小川氏は「確かな情報を入手するために市民メディアを創りましょう。協同組合内でのネットワークの多様化を進めましょう」と呼びかけました。
 最後に、実行委員会副代表の浅田克己日本生協連会長が、「2012年協同組合年は“スタートの年”です。これを契機に、協同組合が新たな社会のあり方をともに模索し、貢献していきましょう」と閉会のあいさつを述べました。

パネルディスカッションの様子

閉会挨拶:浅田実行委員会副代表

<問い合わせ先>
医療福祉生協連 電話:03-4334-1580