新年のご挨拶:日本生活協同組合連合会 会長 浅田 克己

新年のご挨拶

日本生活協同組合連合会
会長 浅田 克己

 新年おめでとうございます。
 創立以来、日夜努力を積み重ねてこられました医療福祉生協連と会員生協の組合員、役職員の皆様に、全国の生協の仲間を代表して、深く敬意を表したいと存じます。

 昨年の東日本大震災、それに伴う津波の影響による東京電力福島第一原子力発電所の事故により未曾有の大災害が発生しました。犠牲になられた方々に哀悼の意をささげますとともに、被災されたすべての方々に心からお見舞いを申し上げます。発災当初から全国の医療福祉生協は被災地への医療、介護職員の派遣や医薬品などの支援物資で復興に貢献されていることに対し、改めて深く敬意を表したいと存じます。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、日本のエネルギー政策の見直しを迫るものでした。組合員のくらしを守り、持続可能な社会をめざす生協にとって、今回の事故は避けて通ることができない問題です。日本生協連では会員生協の幅広い論議をもとに今後の日本のエネルギー政策のあり方を検討し、まとめていきたいと思います。

 今後、超高齢化社会や人口減少、格差社会の進行など社会状況が急激に変化するなかで組合員のために医療福祉生協は何ができるか、何をすべきかが求められています。そのために現在、医療福祉生協の理念と2020年ビジョンを幅広く論議されておられることは大いに意義あることと存じます。そこからいただいたご意見やご要望を汲み取ることで地域に根ざした医療福祉生協の存在意義がさらに高められると考えます。

 本年は国連が定めた「国際協同組合年(IYC)」の年であります。すでに農協や漁協のほか幅広い協同組合や団体と全国実行委員会を発足させており、ICAの掲げる「世界的に協同組合の事業モデルのビジビリティ(視認性・認知度)の向上を図る」をふまえ、都道府県単位の実行委員会や協同組合間連絡協議会で様々な取り組みが進められています。今後も活発な活動を繰り広げる予定ですので、ご協力のほどお願い申し上げます。

 生協は様々な団体と協力し、協同組合の存在を高めると共に、地域社会づくりへの積極的な参加やくらしの安全につながる様々な活動をさらに推し進めます。医療福祉生協連の皆様とともにさらなる飛躍の年となりますよう祈念したします。