日本生協連第61回通常総会参加報告

日本生活協同組合連合会 第61回通常総会参加報告
~医療福祉生協連から5名が代議員として参加~

 日本生協連(本部:渋谷区)は、2011年6月17日、都内の東京国際フォーラム(中央区)において、代議員696人(実出席:489人・委任出席:12人・書面:195人)が出席し、第61回通常総会を開催しました。オブザーバー・報道関係者が約90人参加しました。
 総会の冒頭、東日本大震災の犠牲者の冥福を祈り黙祷しました。山下俊史会長の主催者挨拶の後、岡本充功厚生労働大臣政務官、奥山正夫JA全中副会長(日本協同組合連絡協議会)から、「生協の協同と連帯に基づいた東日本大震災支援の取り組みへの敬意と第61回通常総会の盛会を祈念する」旨の来賓挨拶がありました。また、宮本真司厚生労働省社会・援護局地域福祉課長が陪席しました。
 総会議事に入り、矢野和博専務理事が「日本の生協の2020年ビジョン」「東日本大震災に関する報告と今後の課題」「2010年度事業報告と決算」「2011年度事業計画と予算」「役員の選任」などを一括提案し、14人の代議員からの発言を受けて「討論のまとめ」を行った後、提案した8議案すべてを「賛成多数」で可決し、今期で退任した山下俊史会長に替わり、新会長に浅田克己コープこうべ生協組合長理事を選んで終了しました。

●山下会長「復興を成し遂げながら、向う10年間を展望するビジョンの論議を」(挨拶要旨)
 ご多忙な中、ご臨席いただいた3人の方にお礼申し上げます。東日本大震災から3カ月経ちましたが、かけがえのない命を奪われた方たちに哀悼の誠をささげます。また、いまだに避難生活を余儀なくされている多くの皆さまにお見舞い申しあげます。私も、福島・岩手・宮城の被災地とコープふくしま・いわて生協・みやぎ生協を訪問し、厳しい被災地の現実とその中で自らも被災しながらも、真っ先に被災地・被災者のために必死に支援活動に取り組む役職員のあり様に感動しました。全国各地から駆けつけ支援する生協の仲間たちに敬意と感謝を表します。被災地の復興と故郷の再建を、被災者の皆さまの心に向き合い進めるとともに、被災地生協の事業の再建に力を尽くしたいと思います。皆さんのご支援とご協力をお願いします。
 また、原発事故の終息は政府の責任でなされるべきですが、日本生協連はこれまで原発問題については「CO2削減の切り口」から論じ政策化してきたのが現実です。原発は「安全でさえあればよい」と原発のリスク管理を政府に委ねてきたと言えます。「レベル7」という厳しい事故の現実に直面している今、原発問題は推進派か反対派かという枠組みを超えて、国民的議論が問われていると思います。政府の中だけでなく、国会の場や地方自治体や専門家の間でも原発のリスクと便益についての社会的影響評価を明確にしていかなければなりません。これらの知見に立って日本生協連としても「ゼロベース」でエネルギー政策とCO2の削減政策を再構築していかなければなりません。放射性物質による汚染の問題については、組合員の「より安全な環境を確保したい、とはいえ産地と産品は買い支えたい」という願いを受け止めて、暫定規制値に基づく、一貫性のある施策を再三にわたり求めてきていますし、今後も続けます。2012年は「国際協同組合年」です。私たちが、復興の中での連帯と協同を発信していくこと、原発問題の国民的議論や取り組みを発信していくことは国際的な責務です。この国際協同組合年を単なるイベントに終わらせないためにも、日本から協同組合の真価を発信していきましょう。本総会は、日本生協連創立60周年の節目の総会です。改正生協法の実現など、この60年間の思いのたけを込めて、復興を成し遂げながら、向う10年間を展望する「ビジョン」も提案しています。実りの多い論議をお願いします。

主催者挨拶:山下俊史会長

来賓:岡本充功厚生労働大臣政務官

●8つの提案された議案に対する14人の発言を受け、矢野専務が「討論のまとめ」
 矢野和博専務から第1号から第8号議案の提案を受け、全体討論に移りました。会場からは、「2020年ビジョン」への賛成と反対の発言、「日本生協連の中央会系機能の充実の必要性」「東日本大震災被災地生協からの状況報告と支援へのお礼」「大震災支援の今後の課題」「長期化する復興へのボランティア対応」「被災者支援募金」「大震災対応の陰で沖縄への危険な輸送機の配備」「原発問題への対応と課題」「エネルギー政策の見直し」「医療福祉生協連からのまちづくりの呼びかけ」などのテーマで14人の代議員が発言しました。
 これらの発言を受けて、矢野専務が質問への回答を含む「討論のまとめ」を行った後、提案された全議案を「賛成多数」で採択しました。また、今期で退任した山下俊史会長と、新会長に選ばれた、浅田克己コープこうべ生協組合長理事が挨拶した後、芳賀唯史専務理事が閉会を宣言し総会を終了しました。

提案・討論のまとめ:矢野和博専務理事

就任した浅田克己新会長

●藤谷専務理事が「新連合会設立の報告」と「地域まちづくりで協同」を呼びかけ(要点)
  医療福祉生協連からは髙橋泰行会長理事(委任状)、藤原高明副会長理事、日野秀逸副会長理事、藤谷惠三専務理事、野本靖夫常務理事が出席しました。全体討論で藤谷専務が以下の発言を行いました。
■日本医療福祉生活協同組合連合会の設立のお礼と半年間の活動
 医療部会に参加していたすべての医療福祉生協(115生協)と日本生協連が参加して設立総会を行い、昨年10月から事業を開始し、ようやく薬品の共同購入などの事業も始まりました。ご支援いただいた日本生協運はじめ、会員生協の仲間の皆様に心から感謝いたします。

■地域購買生協と医療福祉生協のまちづくりでの協同
 医療福祉生協の2011年度方針のテーマ『「医・福・食・住」の事業と活動を広げて安心して住み続けられるまちをつくる』は、「医療や福祉事業だけでは地域に住み続けられない。住居や食べることなど、くらし全体を支える生協運動が求められている」との認識からの方針提起です。東京、山形、広島などで「まちづくり」での地域生協と医療福祉生協の協同が進んでいます。超高齢社会の中で「地域に住み続ける」ために、農協や漁協も含めた協同組合間の連携が今後の最大のカギになると考えます。また、人材育成や事業連携での大学生協連などとの連携もさらに広げたいと考えています。奈良県で9生協が連携して医療福祉生協づくりを進めたいと考えています。

全体討論で発言する藤谷専務理事

総会会場の様子

<問い合わせ先>
●通常総会について⇒日本生協連 広報部 電話:03-5778-8106
●藤谷専務発言について⇒医療福祉生協連 電話:03-4334-1580