「国民平和大行進」は神奈川から静岡に引継ぎ-第3報

広島をめざす「2011年国民平和大行進(東京→広島コース)」は神奈川から静岡に引継がれました-第3報
歩こう核兵器のない世界へ! 被災地復興と被災者支援!

 原水爆禁止国民平和大行進中央実行委員会(事務局:東京文京区、平和と労働センター内)の呼びかけた「2011年原水爆禁止国民平和大行進」(以下、平和大行進)は、5月6日、東京・夢の島をスタートし、5月7日~19日まで神奈川県内を行進し、5月19日に静岡に引き継がれ、5月31日まで、静岡県下を行進しました。医療福祉生協連(本部:新宿区百人町、高橋泰行会長理事)は、各地の医療福祉生協に広島までの全コースで各県毎に、「医療生協平和大行進旗」を掲げて行進に参加しようと呼びかけています。

▲夢の島で出発式の後ヒロシマをめざす行進がスタート▲

●5月7日~19日神奈川県下を行進し、5月19日静岡に引き継がれました
 5月7日、東京から神奈川県に引き継がれた国民平和大行進は5月19日に神奈川県内の行進を終え、湯河原町の千歳橋川端公園で静岡県に引き継ぎました。
 5月7日~9日までの3日間、地元の川崎医療生協(川崎市川崎区)から組合員112人と職員33人の合計延べ145人が参加しました。
 神奈川北央医療生協(相模原市)の組合員と職員は、5月10日、相模原市役から組合員と職員30名が行進に参加、11日はあいにくの雨の中を海老名市から厚木基地を経由し、厚木市まで6名の組合員と30名の職員が参加し、2日間で延べ組合員・職員36名の参加でした。
 医療生協かながわ(横浜市戸塚区)の組合員・職員は、5月13日に横浜市内コースを、14日に横須賀市(含む横須賀基地前)、15日に鎌倉市、16日に藤沢市、18日に小田原・真鶴コースを行進しました。4日間で延べ106名の組合員と役職員が行進に参加しました。
 神奈川みなみ医療生協(横須賀市)の三浦行政区の組合員約40名と職員18名は5月14日、三浦市役所を出発し、横須賀市内を「原水爆はいらない」という強い思いを市民に訴えながら行進しました。5月15日の葉山・逗子コースには、組合員20名と職員2名が参加しました。2日間で延べ80名の参加となりました。(写真・情報提供:神奈川みなみ医療生協組織部)

▲神奈川県内に入った平和行進 ▲厚木基地前の北央医療生協の参加者
▲北央医療生協の皆さん。中央の緑色旗が「医療福祉生協行進旗」です▲
▲三浦市を行進する「医療福祉生協行進旗」と神奈川みなみ医療生協・三浦行政区の皆さん▲

●5月19日に神奈川県から静岡県に引継ぎ集会には65団体・250人以上が参加
 神奈川県から静岡県への引き継ぎ集会には、神奈川県側から45団体150人、静岡県側からは約20団体約100人以上の合計約65団体250人以上が参加しました。
 神奈川県内の13日間の行進には、約5,300名以上が参加しました。
※全国通し行進者の石崎忠男さん(神奈川県鎌倉市在住)は「健康診断はいつも深沢中央診療所(医療生協かながわ)で受けています。健康には自信があります」とのことです。

<問い合わせ先>
●原水爆禁止世界大会実行委員会事務局 平和と労働センター内
  〒113-0034東京都文京区湯島2-4-4 TEL:03-5842-5610 FAX:03-5842-5609
●医療福祉生協連 (会員支援部:佐藤伸武) 
 電話:03-4334-1580

【医療福祉生協の皆さまへのお願い】
 医療福祉生協のとりくみがあれば、医療福祉生協連宛に状況や感想をご報告ください。ホームページでご紹介させていただきます。「医療福祉生協連行進旗」などについての詳細は、医療福祉生協連HPの「会員支援サイト」掲載の4月連合会発文書「010平和行進旗の送付」をご覧ください。会員支援サイトはパスワードが必要です。