医療福祉生協連「東日本大震災復旧支援対策会議」を開催

医療福祉生協連「東日本大震災復旧支援対策会議」報告
~2011年度被災地支援方針策定に向けて意見交換~

 6月8日、東日本大震災被災地の11医療福祉生協から13名が参加し「東日本大震災復旧支援対策会議」を開催しました。
 この会議は、発災から約3カ月が経過し、被災地のニーズが緊急支援から生活支援に変化している中で、被災生協からの要望などをだしあい、医療福祉生協連として今後の大震災被害支援方針の策定に活かすことを目的に開催しました。
 被災地の医療福祉生協は自ら被災しながら、事業所の復旧と診療や介護サービスの継続、避難所と自宅避難者への支援(巡回診療・物資提供)、組合員訪問による安否確認と相談などを続けています。
 会議では、人的・物的被害状況を確認し、今後の要望を出し合いました。医療福祉生協連は今回の会議で出された内容を今後の大震災被害支援方針の策定に反映させていきます。

<東日本大震災復旧支援対策会議・参加医療福祉生協>
青森県:津軽保健生協、青森保健生協
岩手県:盛岡医療生協
山形県:庄内医療生協
宮城県:松島医療生協、みやぎ県南医療生協
福島県:福島医療生協、福島中央市民医療生協、郡山医療生協、浜通り医療生協、会津医療生協

<問い合わせ先>
医療福祉生協連  震災対策本部 電話:03-4334-1580