関澤純著「これ食べたらからだにいいの?」

ついつい引っ掛かっていませんか?「手軽に美しくやせられる」というおいしい話。 うかつに見過ごしていませんか?食中毒すれすれの危ない食習慣。
内閣府食品安全委員会のリスクコミュニケーション専門調査会で座長を務めた著者の調査によれば、一般市民の「食の安全についての認識」には、“穴”がいっぱい。
それを埋めていくために、私たちの身近にある添加物・農薬などについて、“事実は今こうなのだ”ということを分かりやすく紹介した本です。

 

 

【おもな目次】
<第Ⅰ章> 飛び交う食と健康の情報
<第Ⅱ章> 食品の安全って何だろう
<第Ⅲ章> 毎日の食卓は安全か
<第Ⅳ章> 生産・輸入の現場とのつながりは

【本書の概要】
・発行:日本生活協同組合連合会出版部(渋谷区渋谷、電話03-5778-8183)
・発売:コープ出版株式会社(渋谷区渋谷、電話03-5778-8050)
・定価:1,890円(本体1,800円+税)
・発行日:2010年10月29日
・判型・頁数:B6判、並製、250ページ
・著者:関澤純(NPO法人食品保健科学情報交流協議会理事長・徳島大学総合科学部教授)
・試し読みPDFアドレス:http://www.coop-book.jp/book/syokai/syokai145.html
・コープ出版ホームページ:http://www.coop-book.jp/