新年のご挨拶:日本生活協同組合連合会 会長 山下 俊史

新年のご挨拶

日本生活協同組合連合会
会長 山下 俊史

日本生活協同組合連合会会長 山下 俊史

新年おめでとうございます。
 この一年を通して、日夜努力を積み重ねてこられました医療福祉生協連と会員生協の組合員、役職員の皆様に、全国の生協の仲間を代表して、深く敬意を表したいと存じます。

 今日、世界は、地球温暖化や自然災害、貧困・飢餓、平和を脅かす問題などの解決に迫られています。国内においても、先行きが見えにくい経済情勢と人口減少・高齢社会を背景としてくらしの不安が高まっており、地域社会における人と人との絆を様々な形で強めていくことが、これまで以上に求められています。
一昨年の12月、国連総会は2012年を「国際協同組合年」と決定したことは、現代社会の諸問題に対処するにあたり、協同組合に大きな期待が表明されたものと受けとめています。

 医療福祉生協は、組合員が運営に参加し、地域の身近なかかりつけ医、地域の医療・福祉のネットワークへの窓口として信頼され、医療と介護の切れ目のない円滑なサービスを提供し、地域ぐるみの健康づくりに取り組んでおられます。
また、その英知と経験を、各国の医療福祉生協とも連携し世界に広げてこられました。
これらの役割はますます注目されるべきものであり、このような中で昨年、医療福祉生協連が創立されましたことは、社会の幅広い期待に応え、組合員の組織という生協のアイデンティティーをより明確にし、医療・福祉生協のさらなる発展の礎となる誠に意義深いものと存じます。

 現在、生協の組合員は全国2,500万人を超え、地域社会の人々が直面する問題はすなわち生協が直面する問題となっています。
組合員による透明性のある運営を基礎としながら、生活をとりまく課題へ生協が挑戦することは、社会的な期待であり、責任となっています。
社会の変化に対応し、例えば、購買生協では、いわゆる買い物弱者の生活を支える夕食宅配、移動販売車などの新たな取り組みに挑戦しており、さらに、医療福祉生協連の皆様とも連携を深め、地域福祉に一層貢献したいと考えます。

 本年、日本生協連は創立60周年を迎えます。
国民生活が依然困窮していた1951年、賀川豊彦を始め全国の生協の先達は「平和と、より良き生活こそ生活協同組合の理想」と宣言して日本生協連を創立し、各地で様々な問題や矛盾に挑戦しつづけてきました。
大きな転換期を迎える今、この挑戦をさらに続けていくため、全国の生協と日本生協連は、相互扶助を理念とする生協が負うべき社会的責任は何か、ふだんのくらしや地域社会においてどう役割発揮できるのか改めて論議し、10年後の生協のありたい姿を描く「生協の2020年ビジョン」づくりを進めています。

 生協は、様々な組織・個人と協力しあい、ともに地域における信頼・絆の核となり、くらしを支え続ける確かな存在でありたいと考えます。
「自立した市民の協同の力で人間らしいくらしの創造と持続可能な社会の実現を」目指すという生協の21世紀理念を共有し、医療福祉生協連の皆様とともにさらなる飛躍の年となりますよう祈念し、ご挨拶と致します。