「第7回ComCom待合室川柳大会」募集締切日まで1ヵ月

「第7回comcom待合室川柳大会」の作品を募集中
~募集締切日(12月31日)まで後1カ月 お急ぎ投稿準備を~

 医療福祉生協連(事務局:新宿区百人町、髙橋泰行理事長)では、現在、「第7回comcom待合室川柳大会(※)」の作品を募集中です。
締切日の2010年12月31日(金)まで、残すところ1か月となりました。応募予定の方は、作品を推敲の上、応募をお願いします。

※この『comcom川柳大会』は、全国の医療生協の組合員、患者、医療生協で働く医師・看護師、役職員などを対象に、日本生協連医療部会情報誌『comcom』の普及キャンペーンの一環として、2004年から「待合室川柳大会」として実施しています。
昨年の第6回川柳大会には、全国の243人の方から待合室などの日常風景を詠んだ、795句の応募がありました。応募作品の審査は、全日本川柳協会の奈倉楽甫常任幹事(名古屋番傘川柳会代表)にお願いします。ふるってご応募ください。大賞に輝いたのは、出雲市の岡鶴一さんの句でした。

「まだやれる 自分の足に 言い聞かせ」 島根県出雲市(出雲医療生協)

☆昨年の第6回大会入選作品の紹介(2010年2月20日掲載)

「第7回comcom待合室川柳大会」には下記の要領で応募ください。

(注)応募は所定のハガキでの応募を基本としますが、官製はがきでも応募いただけます。
※応募ハガキは医療生協の病院・診療所の待合室、介護事業所等でお受け取りください。ハガキが入手できない場合はご加入の医療生協にお問い合わせください。

<第7回comcom待合室川柳大会応募要領>

◇応募締切日 2010年12月31日(金) ※当日消印有効
◇応募方法 応募は所定のハガキによる応募を基本とします。
ハガキ1枚に3句記入できます。枚数制限はありません。お手数ですが、必ず切手を貼ってください。
※応募ハガキが入手できない場合は、官製ハガキで応募ください。3句まで記入し、氏名・年齢・住所・電話番号をご記入ください
◇審査 全日本川柳協会委員による審査によります。
◇発表・賞品 発表は2011年2月予定。(賞品は1人1作品)
●大賞 1本(1人):商品券1万円分
●副賞 3本(3人):商品券3千円分
●佳作 数本(5~10本):図書券千円分
※ただしお1人1点までです。
◇応募先 〒169-0073 東京都新宿区百人町3-25-1 サンケンビルヂング4F
医療福祉生協連「comcom待合室川柳」係
電話:03-4334-1580
医療生協の皆さまへ 「第7回comcom待合室川柳大会作品募集案内」のデータは、「文書ライブラリーDoc-Lib」掲載の7月公文書(3)の「135 第7回comcom待合室川柳大会作品募集について※」をご覧ください

<お問合わせ先>
医療福祉生協連 「comcom待合室川柳」係 電話:03-4334-1580