日本医療福祉生活協同組合連合会の設立が認可

日本医療福祉生活協同組合連合会の設立が認可されました
~8月20日付で厚生大臣より認可~

日本医療福祉生活協同組合連合会(新宿区百人町、以下医療福祉生協連と略す)は、2010年7月6日、設立総会を開催し、この間、厚生労働省に設立認可の申請をしておりましたが、8月20日に、長妻昭厚生労働大臣より、「消費生活協同組合法(昭和23年法律第200号)第58条の規定に基づき認可する」と認可書をいただき、設立認可されましたのでご報告します。

医療福祉生協連は、日本生協連医療部会を構成するすべての医療生協115組合と日本生活協同組合連合会の116組合の加入のもと、7月6日の創立総会で選任した理事による第1回理事会を8月27日開催し、会長理事、副会長理事、専務理事などを互選します。

医療福祉生協連は、いよいよ新連合会としての10月1日事業開始に向け準備に入ります。

設立発起人会の発足から今日までの約2年間、新連合会の設立にご協力いただいた、厚生労働省はじめ、日本生協連の皆さま、全国の医療生協の皆さま、関係する多くの諸団体の皆さまに御礼申し上げ、今後とも新連合会へのご支援とご協力をお願い申しあげます。