「2012国際協同組合年 全国実行委員会」が発足しました

「2012国際協同組合年 全国実行委員会」が発足しました
~内橋克人氏が代表に、山下俊史日本生協連会長など副代表に~

国連(国際連合、本部:ニューヨーク)が2012年を「国際協同組合年」とすることを決定したことを受け、2010年8月4日に東京で、農協や生協などが呼びかけ、「2012国際協同組合年 全国実行委員会」が発足しました。代表には内橋克人氏(経済評論家)、副代表に山下俊史日本生協連会長、茂木守・JA全中会長、名誉顧問には宇沢弘文東京大学名誉教授(日本学士院会員)などが就任しました。日本生協連医療部会の高橋運営委員長も呼びかけ人の一人です。第1回実行委員会には協同組合やNPOなどの幅広い団体や学者など約50名が参加し、実行委員会の役員体制・規約・進め方(幹事会の設置)などを決定しました。今後は、実行委員会として、協同組合の価値や役割を社会に広く発信し、協同組合の発展につながる企画(フォーラム開催・研究推進)に取り組みます。また、政府や行政への働きかけを強め、”2012国際協同年”を生協や農協など協同組合だけの枠組みから、『新しい公共』としての社会的な取組をめざします。新しく発足する医療福祉連合会でも、各地の医療生協とともに、”国際協同年”への取組みを検討していきます。

第1回「国際協同組合年全国実行委員会」の様子(出典:日本生協連HP)