日本生協連通常総会で医療福祉生協連への加入決定

日本生活協同組合連合会 第60回通常総会報告
~医療福祉生協連への加入など11議案を採択~

日本生協連(本部:渋谷区、山下俊史会長)は、2010年6月18日、東京都品川区で第60回通常総会を開催しました。総会には代議員867人(含む書面議決・委任状)が出席し、第11次全国生協中期計画、2009年度事業報告と決算、2010年度事業計画と予算、医療福祉生協連への加入など提案した11議案すべてを賛成多数で可決し終了しました。総会には、厚生労働省の清水美智夫社会・援護局長、JA全中の土屋博常務理事(日本協同組合連絡協議会茂木守代理)から来賓挨拶がありました。

また、全体討論の中で、高橋泰行医療部会運営委員長が「医療福祉生協連の設立に支援を」訴え、大きな拍手を受けました。
なお、今総会には36医療生協から44人の実出席がありました。

●山下会長「協同と持続可能な社会形成への弾みとしたい」と挨拶(要旨)

今総会は初めての1日開催といたしました。皆さんの熱心なご審議をお願いします。中国餃子事件は中国政府により犯人が逮捕されたというものの、全容解明にはほど遠く、政府および中国に対し、全容解明と情報公開を求めているところです。今総会で論議いただく「第11次全国中計」の第1の視点は「生協への信頼の再形成」としました。商品事故・事件が起こるたびに危機を想定したマニュアルを整備し再検討しますが、ミスや抜け落ちで事故や事件は起こりうるものだということを痛感します。この時に何よりも大切なことは消費者の想いを受け止め、どう対応するかです。(中略)
先般のニューヨークのNPT再検討会議に向けて、100名を超す代表団を派遣し、現地で、被爆者の活動をサポートし、協同して、証言活動や国連原爆展の対応、政府代表部への要請行動など、被爆の実相を広げる活動に取り組みました。そしてNPT再検討会議では、10年ぶりに最終文書と廃絶に向けた実施計画が採択されました。今後は核兵器の廃絶に向けて、採択された行動計画が実行されるよう見守り、廃絶への道筋をつけさせるため平和に取り組みましょう。2012年は国連による「国際協同組合年」であり、日本生協連の60周年でもあります。地域社会における協同組合の役割を高め、情報を発信し、持続可能な社会への弾みの年としたいと思います。


主催者挨拶:山下俊史会長

会場の様子

●11の提案議案に対して15人が発言しました(女性代議員7人)

矢野和博専務理事から第1号から第11号議案の提案を受け、休憩の後、全体討論に移りました。会場からは、第11次全国中計への賛成と反対、ビジョン、食と農業、平和とNPT(核不拡散条約)会議、経営問題、商品事業とビジョン、子育て支援、医療福祉生協連設立などのテーマで19人から発言通告があり、このうち15人の代議員が、1人4分という持ち時間の中で質問を含め活発に発言しました。

矢野専務が、質問への回答を含む「討論のまとめ」を行った後、各議案ごとに採決した結果、全議案を「賛成多数」で採択しました。最後に、芳賀唯史専務理事が閉会を宣言し総会を終了しました。


提案する矢野専務

会場の採決の様子

●「医療福祉生協連の設立に支援を」 設立発起人代表 高橋泰行部会運営委員長

医療部会は、「日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)」を7月6日に創立することを決めました。この「医療福祉生協連」には、現在日本生協連に加入している115すべての医療生協が参加の意思を表明しています。現在医療生協は270万を超える組合員を擁し、日本の医療や介護に一定の影響を持つまでになり、また国際保健協同組合運動でも大きな役割を担ってきています。そうした中、内外から「医療・福祉生協のナショナルセンター」設立の声が高まり、昨年の医療部会総会で正式に「医療・福祉の全国連合会づくり」を目指すことを決定しました。その後、設立発起人会を立ち上げ、今日まで、厚労省の所轄部局との折衝を続け、今年の部会総会で「医療部会廃止と医療福祉生協連設立」の決議に至ったものです。新しい「医療福祉生協連」は、その設立趣意書の中で、(1)理論・政策活動と会員生協の事業と運動を発展させ、日本の医療福祉の向上と組合員の願いを実現する。(2)改正生協法のもと、医療・福祉事業の発展のため、会員生協間の専門性をもった指導連絡調整・連帯事業の推進機能(ナショナルセンター機能)を果たす。という2つの使命を明記し、「医療福祉生協連」の目指すべき目標として、(3)人権の尊重と社会保障の充実、(4)いのちと健康を脅かす戦争に反対、(5)健康で平和な日本社会の実現、(6)世界の保健協同組合との連帯を強め、貧困の撲滅と保健衛生の向上、地球環境の改善、などを掲げました。

私は、「医療福祉生協連」設立によって、医療福祉生協の存在と医療・介護の切れ目のないサービス提供が社会的に認知され、そのことによって医療生協の社会的発言力が高まり、自治体や政府の医療・福祉政策への積極的な関与が可能になると考えています。また、地域購買生協との生協間協同を拡げ、自治体や他団体などとの共同や連帯で、「高齢者にやさしいまち」そして「安心して住み続けられるまち」づくりが大きく前進することを期待しています。(-中略-)

今後とも全国の生協の仲間の皆さんの協力、ご支援をお願いして、「医療福祉生協連」設立発起人を代表しての報告とします。どうかよろしくお願いします。


発言する高橋運営委員長

第9号議案を賛成多数で採択

<提案議案の採決結果>

提案議案名 反対 保留 採択結果
第1号議案:第11次全国生協中期計画承認の件 8 35 賛成多数
第2号議案:全国生協の2009年度まとめと2010年度活動方針承認の件 4 23 賛成多数
第3号議案: 2009年度事業報告書および決算関係書類承認の件 0 8 賛成多数
第4号議案:2010年度事業計画および予算承認の件 3 16 賛成多数
第5号議案:役員選任規約の一部変更の件 0 6 賛成多数
第6号議案:役員報酬決定の件 2 8 賛成多数
第7号議案:制度廃止に伴う役員退任慰労金支給の件 3 7 賛成多数
第8号議案:会員規約の一部変更の件 1 6 賛成多数
第9号議:日本医療福祉生活協同組合連合会(仮称)への加入の件 0 5 賛成多数
第10号議案:金沢市民生活協同組合、兵庫県建設一般労働者生活協同組合及び徳島勤労者生活協同組合の除名の件※ 0 8 賛成多数
第11号議案:議案効力発生の件 0 6 賛成多数

※代議員数の3分の2以上