医療福祉生協連:第1回設立発起人会報告

『日本医療福祉生活協同組合連合会(仮)』 第1回設立発起人会報告
~代表発起人に高橋泰行 医療生協かわち野理事長を選任~

この数年間、日本生協連(本部:渋谷区、山下俊史会長)と日本生協連医療部会(本部:渋谷区千駄ヶ谷、高橋泰行運営委員長)は、医療福祉事業を行う生協の新しい全国連合会の設立を目指して準備を進めています。2009年6月には、医療部会内に全国連合会設立準備委員会(委員長:高橋泰行医療生協かわち野理事長)を設置し、4回の準備会を開催してきましたが、2009年11月14日、日本生協連会議室(渋谷区千駄ヶ谷)において、第一回設立発起人会を開催しました。発起人会は、医療部会運営委員生協から選ばれた16組合に日本生協連を加えた17組合からなり、当日は医療生協から14組合の代表と日本生協連から矢野和博専務理事が出席しました。

第1回発起人会では、発起人名簿を確認し、代表発起人に医療生協かわち野生活協同組合の高橋泰行理事長(日本生協連医療部会運営委員長)を選出しました。その後「設立趣意書(案)、事業計画書(案)、定款(案)、規約・規則」などを審議し、次回以降の発起人会のスケジュールを確認して終了しました。